【セルカ棒】1000円以下の本格的な有線自撮り棒「SIDARDOE」で自撮りしてみた!


Sponsored Link




Sponsored Link





こんにちは、イシイマサユキです。

僕はこうして顔出してブログやってるわけですが、自撮りってあんまりしないんですよね。

ブログのプロフィールで自分の写真を貼っているぐらいで、記事やSNSで顔写真を投稿することってあまりないです。(SNSもプロフには張りますが)

けど、これからはもっと記事でもオリジナリティーを出していこうと思うので(文章的な意味でも)、自撮り棒なんてものを買ってみました。

 

いや、今更だけどね!!

 

世間の一回りもふた回りも遅いんですが、僕も自撮り棒デビューしたのでご紹介します!

SIDARDOEというメーカーの自撮り棒にしました!

img_1648

Amazonでベストセラーになっていたのでこの、「SIDARDOE」というメーカーのものにしました!

まさかの999円という激安です!

あまり安すぎるものはすぐ壊れると聞いていたけど、レビューがかなりの高評価だったのでポチってみました!

img_1649

開けてみると本体の自撮り棒が!

てか、箱といいAnkerを意識しすぎじゃないですかね?w

最初、見た時に間違えてAnkerの自撮り棒を買ってしまったのかと思いましたよ笑

まあ、それで本体がきっちりと梱包されていたんですが、説明書がない!!

デフォルトでないのか、僕のだけ入れ忘れてしまったのかわかりませんが、最初困りました。

初自撮り棒の僕からしたらどう使えばいいのか見当もつかないですからね!

img_1650

とりあえず、箱から出してみました!

事前に調べた感じだと、Bluetoothのものより有線のタイプの方がオススメらしいので、これも有線です。

確かに、10cmくらいのコードだったら別に煩わしくないですしね。

無線だと、ペアリングに時間がかかったりするらしいので、結果的に有線の方が使い易いとのこと。

イヤホンは有線から無線にした時は便利すぎて感動したけど、自撮り棒では事情が違うみたいですね。

img_1651

一緒にこんな袋もついてきました!

普段はこれに入れて持ち運びすることにします!

img_1676

触っているうちに、使い方がわかってきましたよ!笑

この部分でスマホを固定します!

挟む所がゴムになっているので、スマホも傷つかないし、グリップでしっかり固定されます。

本体の質感もそうなんだけど、1000円以下なのに作り自体は結構、高級感があります。

まあ、1000円以下と言っても定価は6000円もするみたいですからね〜。

Amazonやっぱ安いわ!

img_1675

そして、スマホを挟んだ後にイヤホンジャックにこれを挿すだけ!

これ、iPhone7は使えないですね〜。

もし、機種変したら考えないとな〜。

実際に使うとこんな感じ!

dsc_0013_fotor

うん、簡単すぎて説明書なんていらないわ笑

長さ的には

・収納時: 19.5cm
・伸ばした状態: 73cm(持ち手含む)

ちなみに重量は140g

となっています。

これだけ伸びれば、4〜5人で集まって撮りたい時とかも十分ですね!

スマホもしっかりと固定されているので、逆さにしたり、揺らしたりしても落ちる気配がありません。

ドンキとかで売ってる激安品は、ホールドが甘いものもあるみたいなので、そこはちゃんとしたものを選んだ方がいいですね。

自撮りしてたら、スマホが落ちて画面が割れたとか悲しすぎるんで笑

dsc_0014_fotor

シャッターボタンがこれです。

安っぽいボタンが多い中、ここも999円とは思えないクオリティーです。

ちゃんとクリック感もあるので、撮り間違いとかも起きなそうです!

早く、撮ってみたい!

てことで、試しに撮ってみたよ!

img_1660

部屋の中なのでかなり暗いですが、普段使うとしたらこんな感じですかね?

このくらいなら、わざわざ手を伸ばさなくても、このような距離感で撮ることができちゃいます!

今までなら、目一杯手を伸ばしてやっとって感じですからね!

もっと早く自撮り棒買えばよかった!

一人で自撮りする時はこれくらいで良さそうですね!

img_1662

手を目一杯伸ばして撮ったのがこれ。

何人かで撮る時は、このくらいの距離感がいいのかな?

今まで、自撮りでこんな距離感のある写真は撮れなかったからなんか新鮮笑

うーん、これ使えば風景写真とかも面白いアングルで撮れそうだな〜。

インスタとかも捗りそうだ。

img_1674

最後に、上からのアングルで!

全部カメラ目線やで笑

これは、自撮り棒ならではのアングルですよね!

人が多い場所で、人混み具合を表す写真を撮りたい時とかに使えそう!

ロードバイクと一緒に自分も撮りたい時とかも良さそうですね〜。

今まで、何回か試してみたんだけど、道具使わないと上手く撮れなかったんですよね!

最後に

うん、これからの撮影時にかなり役に立ちそうなので買ってよかったです!

たためば20cm以下とかなりコンパクトになるので、カバンの中に常に入れておいても問題ないですね!

140gと軽量なのもありがたいです。

今回はiPhone6で撮りましたが、挟む部分はまだまだ余裕だったので、iPhone6PlusiPhone7Plusでも撮影できると思います。

てか、今回ので思ったけどiPhone6でもインカメラの画質は十分綺麗ですね!

6のインカメラが800万画素なので、ブログで使う分には1000万画素もいらないかもですね。

てことで、今更ながらの自撮り棒レビューでした!

ブログでもインスタグラムでも、写真はみんな撮ると思うので、まだ自撮り棒使ってない人はどうぞ〜。

ドローンがもう少し安くなれば、自撮りにもイノベーション起きそうだけどね!

では!

Sponsored Link
Sponsored Link