サーマルはヘルスニットのスーパーヘビーサーマルが最強でおすすめ!


Sponsored Link




Sponsored Link





ミニマルな生活が板についてきました。

どうも、イシイマサユキ(@masayuki ishii)です。

実は僕は以前、古着屋で働いていたことがあり、サーマルをよく着用していました。

ヴィンテージサーマルとかですね。

HANESTOWNCRAFTなど様々なメーカーがあり、一時期サーマルだけで何十着も持っている時期がありました。

もちろん、新品も併用しています。

ヴィンテージもそうだし、新品もそうなんですが、着用していると生地が伸びてしまうということが頻繁に起きました。

サーマルは保温性を高める為に、生地に凹凸を作って空気の層を作っているのですがその分、伸縮性も高まり、生地が伸びやすいという特徴があります。

なので、生地が伸びて駄目になっては新しいサーマルを買うという消費スパイラルに陥るわけです。

ですが、そんな欠点を打破したサーマルとして僕がオススメするのがヘルスニットのスーパーヘビーサーマルです。

Healthknit(ヘルスニット)のスーパーヘビーサーマルとは?

DSC_0663

これが、ヘルスニットのスーパーヘビーサーマル。

そもそも「Healthknit」とは1900年に高品質なアンダーウェアニットメーカーとしてアメリカで誕生したブランドです。

アメリカ南部の上質な原料を基に、紡績からソーイングまで一貫した生産体制で、現在でもハイクオリティニットメーカーとして世界中から愛されています。

そのヘルスニットのサーマルを更にグレードアップしたモデルがスーパーヘビーサーマルで、はっきり言ってこれ以上のサーマルはないというほどの出来です。

伸びない生地

DSC_0662

機械の限界まで度詰めしたワッフル生地を使用しているので、長期間着用しても全く伸びません。

もう1年以上着ているけど、身幅はもちろん、腕回りも未だ吸い付くようなフィット感です。

普通のサーマルだと肘あたりが伸びてだらしないんですよね~。

この、スーパーヘビーサーマルは生地が尋常じゃない強度なのでそんな心配はないんです。

目が詰まっている為、保温性も通常のサーマルよりも高く、冬でも着用可能です。

特にダウンジャケットのインナーとして使いやすいですね。

保温性のあるロンTにダウンジャケットという組み合わせが、個人的に最強の防寒だと思っています。

僕はもっぱらカナダグースのインナーとして使っていますね。

DSC_0660

肉厚かつ伸縮性に富んでいるので春先はこのサーマルにTシャツをレイヤードして過ごすことが多いです。

ストレスなく快適に過ごすことができます。

ただ、通常のサーマルより生地が硬めなので、サーマル慣れしていない人は摩擦が気になるかもしれません。

でもすぐ慣れますよ!

ディテールにもこだわりが!

DSC_0661

サーマルというとヴィンテージ志向の人が多いと思いますが、このスーパーヘビーサーマルはそういう人にもオススメです。

リブは昔のディテールを意識して長めで作られており、新品に抵抗がある人でも取り入れやすいです。

事実、古着のTシャツと合わせても違和感ないですよ。

DSC_0659

サイズは、180cm/60kmの僕でSサイズ。

かなりタイトなので、筋肉質な人はMがいいかも。

着丈は長めですが、身幅がかなり細いので身長があまり高くない人でも気にならないと思います。

最初は着脱がしづらいくらい体にぴったりなんですが、着ている内に程よいフィット感になっていきます。

とりあえず、伸びてダラダラになることはないです。

DSC_0658

着心地も良く、とても重宝しているので色違いでも欲しい所。

カラー展開はこのオフホワイトの他に、グレー、ネイビー、チャコールがあります。

あ、注意点が一つあって、洗濯後に干す時は太めのハンガーにかけて干すこと。

生地が厚めなので吸水しやすく、洗濯時はかなり重くなるんです。

その状態でハンガーに掛けると重みで肩の部分が伸びてしまう恐れがあります。

なので、針金ハンガーとかではなく厚みのあるハンガー、もしくはハンガーに掛けない干し方がいいと思います。

ベーシックなアイテムで持っている人が多いであろうサーマル。

だからこそ、品質で選ぶのが大切なんだと思っています。

まだ、良いサーマルに巡り合っていない人はヘルスニットのスーパーヘビーサーマルを検討してみてはどうでしょう?

では!

Sponsored Link
Sponsored Link