渋谷で二郎系ラーメンが食べたいなら「凛」へ行こう!ポン酢好きも!


Sponsored Link




Sponsored Link





こんにちは、イシイマサユキです。

PCがなかったので、だいぶ更新が滞ってしまいましたが、新しいMacBookを購入ししたので、またガンガン記事を書いていこうと思います。

さて、再開一発目の記事は、やっぱりラーメンだろってことで、渋谷の二郎インスパイア店の「凛」に行ってきた時のレポでも!

渋谷の二郎インスパイア店「凛」に到着!

渋谷のセンター街を抜けた、ひっそりとした所にあるのが、今回ラーメンを食す「凛」です。

外観は、ちょっとお洒落なバーのような雰囲気です。

さらに、店内は広くはないけど、センスの良いイタリアンのような感じで、あんまりラーメン屋っぽくないんですよね。

おそらく、もともとは個人経営のレストランだったんでしょう。

非常に、落ち着きのあるゆったりした空間です。

メニューは、「しょうゆ」「塩」「みそ」といった定番から、「ポン酢」「カレー」といった変わり種までさまざまです。

「ポン酢」ってラーメンに合うんでしょうか?

メニューが多いと何回も足を運びたくなってしまいますね〜。

今回はしょうゆラーメンをチョイス!

まあ、今回はメインメニューの「しょうゆ」を注文しました!

次回は、「ポン酢」もいってみますかね!

いやー、実は渋谷って二郎もないし、二郎インスパイアもあまりないんですよね。

だから、ここ「凛」は渋谷でにんにくがっつりのジャンクラーメンが食べたくなった時の貴重なお店なんです。

二郎特有のこのもやしの盛り具合は、いつ見てもたまらないですね〜。

サッと茹でられたシャキシャキもやしが、脂とにんにくたっぷりのスープを吸って、ツヤツヤに輝いています。

野菜は、特にマシマシみたいなコールはしなかったんですけど、通常の二郎よりも野菜は多めな印象です。

もし、二郎の野菜の量に慣れている人は、「野菜少なめ」でもいいかもしれませんね。

全体的に、ボリューム満点!

麺は、ワシワシ感の強い中太麺。

小麦の味がしっかりしていて、スープとの相性も抜群です。

全体的にボリュームがすごいので、気合いを入れないと心が折れる可能性があります笑

僕は、歌舞伎町の二郎とかによく行くのですが、そこと比べても凛は、野菜も麺も量がかなり多いです。

二郎で、ラーメン小を食べても、ある程度余裕がある人だったら、大丈夫ですが、ギリギリという人は注意が必要ですね。

麺は、スープをどんどん吸っていくので、時間を掛けると麺が伸びていってデスマーチにハマる可能性があります笑

スープは、しょうゆ感の強いさらっとした食感。

脂とにんにくががっつりと溶け合っています。

乳化具合は、そこまでといった感じで、しょっぱさが結構口の中に残る感じ。

これは、好みが分かれるんですが、僕はもう少し乳化スープの方が好みですね〜。

しょっぱさが強いとちょっと飽きてきてしまうんですよね。

それでも、麺とスープがよく絡み合って激ウマなので、どんどん箸が進みます!

豚は柔らかくて箸で摘んだだけで崩れるほど

二郎系には欠かせない、豚(チャーシュー)も素晴らしいです!

かなり、長時間煮込んでいるみたいで、食感はトロトロのフワフワ。

箸で摘むと、簡単に崩れてしまうほどです。

僕は、いつも豚は最後の方で食べるんですが、その頃にはスープもいい具合に染み込んで、決壊寸前のダムのような豚が出来上がります。

それを口の中に入れた時のあの感覚は、本当に至福の時ですね〜。

やはり、二郎がないと生きていけない体にされてしまっているようです笑

今回は、二郎不毛の地と呼ばれた渋谷のオアシス「凛」でラーメンをいただきましたが、やはり最高でした。

まあ、最近僕の中での最強の二郎インスパイア店である「ちばから」が渋谷に進出したという情報を入手したので、次回はちばからも潜入してみたいと思います。

凛も本当におすすめですよ!

場所は、センター街を抜けた、東急ハンズの近くにあります。

こっち側は、駅前の喧騒から離れているので、落ち着いた街並みも楽しめますよ。

では!

Sponsored Link
Sponsored Link