大トロ、ウニ、いくら!新鮮な海鮮が食べたいなら館山の『ばんごや』に行くべき!


Sponsored Link




Sponsored Link





肉と海鮮があれば僕は満足です。

どうも、イシイマサユキ(@masayuki ishii)です。

海鮮丼のお店を見つけると、つい入ってしまうほど海鮮好きなんですが、館山は総じてレベルが高いです。

やはり、港町なので低価格で新鮮な海の幸が食べられるというのがうれしいですね。

中でも、富浦ICのすぐそばにある『ばんごや本店』はトロやうに、いくらなど高級なネタを安く提供している良店です。

#ばんごや

나나카 🍑さん(@_____99n96m)が投稿した写真 –

数店の飲食店が集まった「道楽園」の中にあるばんごや。

駐車場がやたら広く、ICの近くにあるのでアクセスがいいです。

常に車もたくさん停まってますね。

メニューは海鮮丼を中心に、あら汁や浜焼きも楽しめちゃいます。

まあ、今回はメインの海鮮丼を頼んでみます。

ばんごやの海鮮丼はとにかくネタが新鮮!

IMG_0531

こちらがとろ・うに・いくら丼1,680円なり。

高級食材ばかりだけど丼にたっぷりと盛りつけられています。

これも館山ならではですね。

うにが特に美味しかったですね~。

僕の好きな海鮮TOP3を集めたような丼ぶりです笑

すべてのネタが新鮮そのもの!

IMG_0532

とろも新鮮で美味しいです。

かなり贅沢な丼ですね。

ボリューム満点なんですが、少しご飯が少なめなので+50円で大盛りにするのがオススメです。

食べる前に多めに醤油をたらすとネタにもご飯にも染みこんで美味いですよ!

色んなネタが食べたい人は「スペシャル丼」

IMG_0034

そして、こちらがスペシャル丼

同じく1,680円。

こっちは様々な海鮮ネタをこれでもかと盛りつけた文字通り、スペシャルな丼です。

うに、いくらはもちろん、いかやホタテ、甘海老もありますね。

とろもしっかり乗ってますよ!

ボリュームは体感的にとろ・うに・いくら丼より多いですね。

でも、やっぱりご飯は少なめなので大盛り推奨です。

季節によってネタも変わるので、行くタイミングによって違いを楽しめます。

今回のスペシャル丼は夏バージョンです。

浜焼きもホタテやハマグリやサザエとバリエーション豊富なので大人数でも楽しめますよ。

こういうのバーベキュー以外ではなかなか食べる機会ないですからね。

地元特有の変わり種はないけど、みんなの好きなとろ、いくらなどを新鮮かつリーズナブルにいただくことができる『ばんごや』は普段、海鮮を食べない人にもオススメです。

お店によっては、漁の成果によって海鮮丼の中身がかなり変わる場合もありますからね。

それに比べ、ばんごやは安定感があるので人に勧めやすいです。

もう少し地元特有のモノを食べたいという方は、同じく館山にある『相浜亭』に行ってみるといいですよ!

とんでもないボリューム!千葉の『相浜亭』で伊勢海老天丼を食らう!

2016.02.14

市街から離れた場所なのでアクセスは悪いけど、よくテレビ取材が入る有名店です。

ウツボ丼クジラ丼など変わった丼を提供しています。

中でも伊勢海老天丼は絶品!

海鮮の街といってもいい館山は千葉の中でも特に大好きな街です。

僕は釣りもやるのでちょくちょく遊びに行きます。

この前はロードバイクでも行ってきました!

素晴らしい絶景の数々!ロードバイクで市原~館山をロングライドしてきた!【前編】

2016.02.24

自然も多く、美しい街です。

市街にヤシの木が生えてる所も中々ないんじゃないでしょうか?

海も透明度が高く、そこらの海とは比べものにならないですよ。

一度遊びに行ってみて下さい!

では!

Sponsored Link
Sponsored Link