ラーメン1杯350円!?神田のラーメン屋「ほん田」が激安すぎて笑った話


Sponsored Link




Sponsored Link





どうも、イシイマサユキです。

下町風情が残る東京の神田でラーメン散策してきました!

蒲焼きチャーシューが絶品!神田の「麺屋武蔵 神山」で濃厚つけ麺に舌鼓!

2016.12.14

ちなみに前回は神田西口商店街にある「麺屋武蔵 神山」に行ってきました!

今回は、さらに駅から歩いた所にある「ほん田」というラーメン屋にお邪魔しました。

ここ、神田では有名な激安ラーメンのお店なんです。

いつも、混雑しているのでお昼の時間を外して行ってまいりましたよ。

ラーメンが350円で食べられる「らーめん ほん田」

なんとも古風な店構えの「らーめん ほん田」

すでに、デカデカと「らーめん350円」と書かれていますね!

そう、ここはラーメンが1杯350円で食べられるんです!

最近はラーメンも高騰してきて700〜800円が当たり前の時代ですが、ここは牛丼価格です笑

この値段なので店内は結構混んでいます。

お客のほとんどはサラリーマンですね。

それもそのはず、350円でさらに大盛りも無料なんです。

がっつり食べたいけど、お小遣いを減らされて懐が寂しいサラリーマンの強い味方というわけです!

ラーメン大盛りを注文!

てことで、僕も今回は醤油ベースのラーメン大盛りを注文しました。

ここ、ほん田はラーメンも醤油から味噌まで種類が多く、さらに定食メニューまであります。

街の中華料理店といった感じですね。

ただ、やはり安さが際立つのはラーメンのメニューです。

一番安いのは今回注文した醤油ベースの「らーめん」ですが「味噌らーめん」でも500円という安さです。

実はこれでも昔より値上がりしたらしく、以前は300円〜だったとか。

採算合っていたのだろうか?

さて、では注文したラーメンに話を戻しましょう。

スープはシンプルな醤油です。

昔ながらの中華そばといった感じでしょうか。

ただ、普段から味濃いめのラーメンばかりを食べているせいか、スープのパンチが少し弱い気がしました。

脂の量はちょうど良いんですけどね〜。

麺の量はかなり多いのでコスパ高し!

麺は太めのモチモチ麺。

この太さもあって大盛りは結構な量がありますね。

これで350円はかなりコスパ高いです!

これだけ太めで加水された麺なので、スープもよく絡みます。

ただ、やっぱりスープが弱いかな〜。

まあ、値段が安いのでしょうがないですが。。

チャーシューも昔ながらの味で良かったです。

あとは、メンマと海苔と乾燥ワカメが添えられてかなりシンプルなラーメンですね!

同じ価格帯の牛丼や丸亀製麺と比べても満足度は高いです。

お腹いっぱい!

もっとがっつり食べたい人はセットがおすすめ!

大盛りでも十分な量ですが、もっと食べたいという大食いの人にはセットメニューがあります。

ラーメンに半チャーハンをつけても550円て。。

もはやバーミヤンより安いぞ笑

下のマーボメンやスタミナメンも気になりますね!

後日、ネギ味噌ラーメンも食べてきました!

別の日にネギ味噌ラーメンも食べてみました!

前回、全体的に醤油よりも味噌ベースのラーメンを注文している人が多かったので気になっちゃって。

少し辛さも追加されたネギ味噌も良かったです!

もちろん大盛り無料です!

こっちもどうしてもスープの弱さが目立つけど、出汁の問題なのかな〜。

まあ、でも醤油よりはスープは良かった気がします!

これで500円です!安いな〜。

相変わらず、混んでいましたね。

最後に

てことで、「ほん田」の激安ラーメンを調査いたしました。

特別美味しい訳ではないけど、この安さと麺の多さを考えると混雑しているのも納得です。

場所はメトロの小川町駅から徒歩3分、JR神田駅からは徒歩10分くらいの位置にあります。

こう見ると周りは大勝軒やつじ田などラーメン屋ばかりですね。

この辺りはラーメン激戦区となっていますが、それでも長年続いているというのはすごいことです。

ホント、数百メートルに1件とかありますからね。

神田に寄る機会があったら是非行ってみてはいかがでしょう〜。

では!

Sponsored Link
Sponsored Link