上質なオイルドレザー!「国立商店」のMacBook Pro用スリーブケースがおすすめ!


Sponsored Link




Sponsored Link





寒くなってきたのでテンション下がり気味です。。

こんにちは、イシイマサユキです。

僕は、仕事でも、ブログを書く時でもMacBook Pro Retina 13インチを愛用しているんですけど、カバンに入れてる時の衝撃が心配だったんですよね。

やっぱり、落としたりしたら壊れるだろうし、何か衝撃を和らげるケースみたいなモノを探していました。

でも、PCケースって実用性は考えられているけど、イマイチかっこいいモノって少ないですよね。

せっかく、MacBook Proがアルミボディでデザイン性高いのに、プラケースなんかに入れたら台無しです。

そこで、僕が見つけたのが「国立商店」のレザースリーブ!

これがMacBookの美しさを損なわないし、実用性も高い最高のケースだったので紹介します。

「国立商店」のMacBook Pro Retina 13インチ用レザースリーブ

img_1118

国立商店の公式ページから注文して、数日後に届きました。

僕が購入した時は在庫がなく、予約制でした。

かなり、少数生産みたいですね。

箱は、ブラックで「Kunitachi」の文字だけ。

シンプルでいいですね。

外装の時点で結構、高級感があるので商品の期待も上がります!

img_1120

開けてみると、レザースリーブの登場です。

綺麗に収められていますね。

僕は、MacBook ProのRetina13インチを使っているので、13インチ用のスリーブを注文しました。

他にも15インチ用iPadの9.7インチ12.9インチまで、Apple製品は細かく専用品が用意されています。

もちろん、iPhoneケースもありますよ!

シボ感のある上質なオイルドレザー

img_1125

革は上質な牛革で作られたオイルドレザー

国立商店のレザーの特徴は、このシボ感です。

クロムハーツの革もこんな感じですね!

家電量販店で売っているPCスリーブは大抵、合皮ですがやはり本革がいいですね。

光沢も美しく、ここからどう経年変化していくか楽しみです。

img_1122

布製のタグには「Made in Japan」の文字が。

実は「国立商店」の商品は元レーシング用のつなぎを作っていた職人の方が製作しています。

レーシング用のつなぎはレザーですから、レザーの加工はお手の物というわけです。

だから、革質も良く、仕上げもこんなに美しいんですね。Apple製品専用で作るというのもセンス良いですよね。

Appleユーザーはサードパーティーにもデザイン性を求める人が多いですから。

内側のフェルトが緩衝材の役目

img_1121

レザーの内側には真っ赤なフェルトが貼られています。

レザーだけでは、衝撃から守れないですからね。

この厚みのあるフェルトが、大切なMacBook Proを落下などの衝撃から守ってくれます。

色合い的にも、レザーのブラックに、フェルトのレッドがいい感じです。

レザーとフェルトは丁寧に貼り付けられていて、面も綺麗に揃えられているので、そこはさすが職人技ですね。

MacBook Proを入れるとこんな感じ

img_1123

実際にMacBook Proをスリーブに入れてみました!

寸分の狂いもなく、ぴったりと収まりました。

最初はぴったりすぎて少しきつめだけど、レザーが伸びてきて、徐々に出し入れもしやすくなっていきます。

img_1124

この、スリーブの出し入れもよく考えられていて、よく見ると入口の部分がラウンドにカットされています。こうすることによって、MacBookをスリーブから出しやすくなるんですね。

このラウンドの部分のステッチもとても綺麗です。

使用時は下に敷くといい感じ!

img_1126

実際にMacBookを使用する時ってスリーブが邪魔になりますよね?

そこで国立商店がオススメしているのがMacBookの下にスリーブを敷くこと。

そうすると、タイピング時のキーの跳ね返りが柔らかくなるので、打っていて気持ち良いです。

ガラスとかの硬いテーブルだと、たまに指が痛くなってきますからね。

特にタイピングを強めにする人はオススメです!

最後に

てことで、僕が愛用中の「国立商店」のMacBook Pro用レザースリーブを紹介してみました。

PC用スリーブにしてはお高めな11664円ですが、このクオリティーなら納得です。

僕は使い始めて半年といった所ですが、すでに艶が増してきています。

使っていく内に経年変化していくのがレザーの良い所です。

特に、PCなどの電子機器の周りは、どうしてもプラスチック製のモノが増えてくるので、その中にレザーがあると一層映えます。

ちなみにレザーは手入れが大変というイメージがありますが、国立商店のレザーはオイルがたっぷり含まれたレザーなので、基本メンテナンスフリーです。

毎日使っていれば、自身の手の脂で自然とオイルアップされますからね。

まあ、3か月に一回くらいは専用クリームなどで手入れしてあげると長持ちすると思います。

クリームではやはり「コロニル」がオススメですね!

革への馴染みも良く、塗ると革が元気になります。

レザースリーブは国立商店の公式ページから注文できます。

MacBookシリーズを使っている人は、せっかくだからケースにもこだわってみるものいいかもしれませんよ!

では!

Sponsored Link
Sponsored Link