ロードバイクのホイール盗難防止に「PINHEAD」を導入してみた!


Sponsored Link




Sponsored Link





相変わらず、ロードバイクは楽しいです!

ども!イシイマサユキです!

ロードバイクを楽しむ上で注意しなくてはならないのが”盗難”です。

どんなにいいコンポやホイールでカスタマイズしても、盗まれたら意味がありません。

しかも、高いパーツで組むほど盗難の確率は上がりますしね!

てことで、鍵はABUSのBordo 6000という多関節ロックを使っているんですが、問題はホイールです。

ロードバイクのホイールは「クイックリリース」というホイールを簡単に外せる仕組みになっています。

これは整備の時は便利なんですけど、防犯上かなりまずいんですよね。

誰でも簡単に外せちゃいますからね。

てことで、僕はホイールにも鍵をかけることにしました。

PINHEAD(ピンヘッド)を導入してみました!

img_0910

カナダ生まれのセキュリティパーツ、PINHEAD(ピンヘッド)

amazonで購入!

今の時代、欲しいものはいつでもどこでも手に入りますね!

ローディーなら使っている人も何人かいるんではないでしょうか?

これがなかなかの優れものなんですよね。

img_0911

僕は3パックを選んでみました!

前後のホイールとハンドルにロックを掛けられます!

まあ、あとでCAAD8にはハンドルロックが対応していないと知って絶望しましたが笑

当初の目的であるホイールはしっかりとロックできたので良しとしましょうw

CAAD8のホイールをPINHEADでロックしてみます!

img_1533

まず、初めから装着されていたクイックリリースを外して、こいつでホイールとフレームを固定します。

装着する前にシャフトにグリスを塗るのをお忘れなく!

img_1534

では、シャフトを入れていきます!

まずは前輪から!

img_1532

シャフトをはめたら、これをロックします。

その為のパーツがこいつら!

右のパーツから順番に装着していきます!

つまり右が一番下になるって事です。

これ順番を忘れがちなんで気をつけてね!

img_1530

そして、すべて装着し終えた状態がこちら!

同じように後輪もロックしたら完了です!

これなら誰もホイールを外す事が出来ません!

よく見ると変な形の凹凸がいくつもありますよね?

これが、PINHEADの”鍵穴”に当たる部分です。

img_1529

一緒に同梱されているこのキーが、凹凸にぴったりとハマるようになっているんです。

このキーパターンは無数にあるので、同じ凹凸は滅多に一致しないです。

しかも、他の工具では決して解錠することはできない特殊な作りになっている為、現時点で最強のホイールロックと言えるでしょう。

キー本体にシリアルナンバーが刻印されているので失くした場合も、スペアキーを作る事が可能です!

なので、シリアルナンバーはメモっておきましょう!

img_1531

さっきの作業の仕上げとしてこのキーでしっかりとロックすれば完了です!

これで、僕のホイールを盗むことはまず不可能になりました!

まあ、CAAD8を買った時に最初から付いていた安物ホイールなんですけど笑

ただ、地球ロックしてもホイールだけ残して全部盗んでいく輩もいるから、それの防犯にもなりますね。

最後に

そもそも、こんなに防犯に気を掛けなきゃいけないこと自体、おかしな話なんですけどね。

日本は治安がいいと言っても、ロードバイクみたいな高価なものを、路上に鍵なしで置いといたら速攻盗まれます。

傘と自転車の窃盗は、なぜか罪の意識が軽いみたいですからね。

なので、愛車は自分で守るしかないんですよね。

少し高いですが、”安心”が買えるなら安いもんです。

Sponsored Link
Sponsored Link